ウーマン

3つの方法と特徴

ドクター

満足度の高い方法を選ぶ

美容整形において、最も需要の高い手術は、二重整形でしょう。誰もがぱっちりとした二重に憧れ、毎朝メイクに長い時間を割いている中、手術をしてしまえば、その時間も短縮されるうえ、美しい二重まぶたが手に入ります。近頃は、整形手術に関する偏見もなくなってきており、気軽に手術が受けられる時代になっています。二重整形には3つの方法があり、それぞれに特徴があります。そのため、自分に合った方法で行うことが大切です。1つ目は埋没法で、医療用の糸を埋め込み、まぶたの裏側で結んで二重まぶたにする方法です。最も一般的な方法で、施術時間も10分から20分と、短いのが特徴です。施術後は腫れがありますが、数日でひいていきます。ただ、糸で結ぶだけなので、時間と共に取れてしまうこともあります。費用は、何本糸を使うかによっても異なりますが、8万円前後が相場です。2つ目は部分切開法で、まぶたの皮膚を1センチから1.5センチ切開し、二重を作る方法です。施術時間は1時間ほどで、術後の腫れは1週間ほどで落ち着きます。埋没法よりも、取れるリスクが少ないのが特徴です。費用は、20万円から30万円が相場となっています。3つ目は全切開法で、まぶた全体を切開し二重を作ります。また、まぶたの腫れやたるみを改善でき、半永久的に効果が持続します。しかし、腫れがひくまでに2週間ほどかかるほか、費用も25万円から35万円と高いのも特徴です。3つの方法の中から、自分に合う方法を選ぶコツとしては、どの点に重点を置くのかが決め手となります。傷跡が目立たない方法が良いなら埋没法、傷跡が目立ちにくく、取れにく方法が良いなら部分切開法、自分の理想とする幅の二重にするだけでなく、まぶたの脂肪も取れる方法が良いなら、前切開法がおすすめです。かかる費用で選ぶのではなく、満足度の高い方法を選ぶのが大切です。目は、顔の印象を決めるのに大きな役割を果たすため、納得のいく目元になると、自分への自信にもつながります。美容整形で、理想の二重を手に入れてみてはいかがでしょう。